作品詳細情報

『マトリックス』を超えた!? 漆黒の女戦士が爆ぜるゴシック・サイバー・アクション

アンダーワールド

ホラー 2003/11/29 日比谷映画ほか全国東宝洋画系にてロードショー
お問い合わせ
  • ムービーマネジメントカンパニー
  • 03-5768-0821
邦題
アンダーワールド
監督
レン・ワイズマン
CAST
ケイト・ベッキンセール/スコット・スピードマン/ビル・ナイ/マイケル・シーン/ケビン・グレヴィオー
STAFF
  • 【クリーチャー・デザイン】パトリック・タトポロス
時間
121分
製作国
アメリカ
アンダーワールド

『キル・ビル』のユマ・サーマン、『トゥームレイダー』のアンジェリーナ・ジョリーと、闘う女たちが脚光を浴びているが、本作でケイト・ベッキンセールが演じるのは、それらとはまた一味違う可憐でノーブルなヒロインだ。
黒のレザースーツに包まれた肢体は戦士と言うにはいかにも華奢で、ニ挺拳銃を手に闘う姿は少女のように儚い。
そうしたミスマッチがかえって彼女の美しさを強調し、孤高のバトル・ディーバを誕生させた。

STORY

闇夜に身を潜めながら、数百年に渡る死闘を繰り広げてきたヴァンパイア=吸血鬼とライカン=狼男の両種族。
ヴァンパイアの女戦士・セリーン(ケイト・ベッキンセール)は、ライカン族がマイケル(スコット・スピードマン)という人間の医師を執拗に追っていることに気付く。セリーンはマイケルを助け出し、一族の屋敷に連れ帰る。
人間との接触を禁じる掟に背いたセリーンは、眠れる指導者・ビクター(ビル・ナイ)の指示を仰ぐべく、その封印を解く。
それは両種族の秘められた過去を辿る、壮大な物語の幕開けだった…。

ページトップ