作品詳細情報

世界の名監督が掬い取る、世界の現実

それでも生きる子供たちへ

ドラマ 2007/6/9 シネマライズほか全国にて順次公開
お問い合わせ
  • ムービーマネジメントカンパニー
  • 03-5768-0821
邦題
それでも生きる子供たちへ
監督
カティア・ルンド/ジョーダン・スコット/リドリー・スコット/スパイク・リー/エミール・クストリッツァ/メディ・カレフ/シテファノ・ヴィネルッソ/ジョン・ウー
時間
130分
製作国
イタリア/フランス
それでも生きる子供たちへ

7か国の子どもたちが直面する厳しい現実を、それぞれの国を代表する監督たちが綴ったオムニバス映画。
少年兵士やストリートチルドレン、エイズやドラッグなど、実際に避けては通れない数々の問題を観る者に突き付ける。
スパイク・リーやエミール・クストリッツァ、そしてジョン・ウーらがその手腕を大いに発揮。
それぞれが個性的で、一本の長編映画にも劣らない愛にあふれた作品を作り上げた。

STORY

貧民街に住むビルーとジョアンは、鉄クズなどを集め換金していた。ある日、廃材屋へ急ぐ途中でリアカーがパンクしてしまう。(『ビルーとジョアン』)
ブランカは、両親がエイズ感染者である上に、自分自身もエイズ・ベイビー。彼女は、ある保護機関を訪れ…。(『アメリカのイエスの子ら』)
ゲリラ部隊に入隊させられたタンザ。
彼は時限爆弾を持ってある建物に侵入する。そこは自らが憧れる学校だった…。(『タンザ』)ほか4篇。

ページトップ