5人の個性がスクリーンで堪能できる、オムニバス・ショートフィルム

監督感染

ドラマ 2004年2月18日発売
価格
¥4,000(¥4,320/税込)
発売元
ギャガ
販売元
ソニー・ミュージックディストリビューション
特典
【映像特典】
・メイキング
・劇場予告編
仕様
  • 【記録層】2層
  • 【色】カラー
  • 【音声】①日本語2.0chステレオ
  • 【サイズ】16:9LB
品番
SSBW-8006
邦題
監督感染
監督
「KENENN」鈴木一真/「終着駅の次の駅」榊英雄/「payday」松岡俊介/「remholic」サーフェン智/「TWOSHOT」品川祐
時間
0分
製作国
日本
公開
2003年11月29日
監督感染

“ただ映画を撮りたい”そんな純粋な気持ちにかきたてられた5人が、監督と脚本を手がけたオムニバス・ショートフィルム。
今回参加したのは、俳優の鈴木一真、榊英雄、松岡俊介、女優、一色紗英の夫で元モデルのサーフェン智、そして、お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐。
それぞれ小規模、低予算ながらキャストは超豪華。
5人の幅広い人脈がなせる技をフルに発揮している。

STORY

社会から見離され行き場をなくした男の逃れられない現実を描いた「KENENN」。
渋谷と吉祥寺を結ぶ京王井の頭線内の様々な人間模様を映し出す「終着駅の次の駅」。
家族や友人と20年にわたって音信不通だった郵便局員が、何気なく見つけたあるサインをきっかけに帰省を決める「payday」。スタイリッシュな映像で、街にはびこる“危険”と、そこに巣くう人々の感情をえぐる「remholic」。
レギュラー番組が持てるかどうかの瀬戸際に立つ漫才コンビのドタバタを描いた「TWOSHOT」。

ページトップ