作品詳細情報

国際的な実力派俳優を迎えて放つ、 心理パニック・サスペンス

ブラインドネス

サスペンス 2008/11/22 丸の内プラゼールほか全国松竹・東急系にてロードショー
邦題
ブラインドネス
原題
BLINDNESS
監督
フェルナンド・メイレレス
CAST
ジュリアン・ムーア/マーク・ラファロ/伊勢谷友介/木村佳乃/ダニー・グローヴァー/ガエル・ガルシア・ベルナル
STAFF
  • 【原作者】ジョゼ・サラマーゴ
時間
0分
製作国
日本/ブラジル/カナダ
ブラインドネス

第61回カンヌ国際映画祭でオープニングを飾ると共に、コンペ部門にも出品された話題作。
ノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説「白の闇」を映画化した心理パニック・サスペンス。伝染病の蔓延によって突如失明していく。それも驚異的な感染力で―。
伝染病の恐怖にさらされる現代社会を象徴しているかのようでもある。
ジュリアン・ムーアやマーク・ラファロ、ガエル・ガルシア・ベルナルといった実力派俳優に加え、日本から伊勢谷友介と木村佳乃が参加し、重要な役を演じている。監督は『シティ・オブ・ゴッド』、『ナイロビの蜂』で絶賛を浴びた。

STORY

とある都会の街角。日本人の男が運転する車が交差点で立ち往生していた。
突然目の前が真っ白になり、完全に視力を失っていたのだ。親切な男に助けられ家まで送り届けられるが、そのまま車を持ち去られてしまう。
男は妻に付き添われ病院に。医者は、眼球に異常はなく原因はわからないと告げるが、各地では失明者が続出していた。
車泥棒も、そして、診察した医者までも。驚異的なスピードで“ブラインドネス”は感染していった…。

ページトップ