作品詳細情報

自分自身を解き放て!!空っぽだった心が満たされて、私は軽やかに舞い上がる!

歌え!ジャニス・ジョプリンのように

ドラマ 2004/8/7 シャンテ・シネほかにてロードショー
邦題
歌え!ジャニス・ジョプリンのように
監督
サミュエル・ベンシェトリ
CAST
セルジ・ロペス/マリー・トランティニャン/フランソワ・クリュゼ/クリストフ・ランベール/ジャン=ルイ・トランティニャン
時間
104分
製作国
フランス/スペイン
歌え!ジャニス・ジョプリンのように

誰もがみんな少しずつ孤独で滑稽で哀しい。
夢の中にただひとり生き続ける元ヒッピー、夢見ることなど忘れて日々の暮らしに埋没している夫婦。
成り行きで妙な夢の片棒を担ぐ自称俳優、名優ジャン=ルイ・トランティニャン演じる老人にしても、どこか怪しげだ。そこへ歌うことに全身全霊を傾けるジャニス・ジョプリンの魂が舞い降りる。受け継ぐのはブリジット。虚ろな眼差しのくたびれた主婦が、サイケなファッションに身を包み、“成り切りジャニス”として生き生きと輝き出す。惜しくも本作が遺作となってしまったマリー・トランティニャンがシャウ

STORY

保険会社に勤めるパブロ(セルジ・ロペス)は、ほんの出来心で顧客の高額な掛け金を横領する。
ところが、思いがけない事故が起こり、多額の保険料の支払いを迫られる。折しも、いとこのレオン(クリストフ・ランベール)が莫大な遺産を相続したらしい。
30年前からLSD漬けの彼は、いつかジャニス・ジョプリンとジョン・レノンが会いに来るという妄想の中で生きていた。そこで一計を案じ、妻のブリジット(マリー・トランティニャン)をジャニスに、俳優のワルテル(フランソワ・クリュゼ)をジョンに仕立てて…。

ページトップ