作品詳細情報

悲劇の歴史が結びつけた、現代に生きる様々な心を描く、アトム・エゴヤン監督最新作

アララトの聖母

ドラマ 2003/10/4 シャンテ・シネほか全国にて順次公開
邦題
アララトの聖母
監督
アトム・エゴヤン
CAST
デビッド・アルペイ/シャルル・アズナブール/アーシーアーシーニ・カンジャン/マリ・ジョゼ・クローズ/クリストファー・プラマー/イライアス・コティーズ
STAFF
  • 【脚本】アトム・エゴヤン
  • 【製作者】アトム・エゴヤン
時間
115分
製作国
カナダ
アララトの聖母

カナダで育ったアトム・エゴヤン監督は、アルメニア亡命者の両親を持っている。
アルメニアは黒海とカスピ海に挟まれた場所に位置し、トルコ東部のアララト山を聖なる山として崇めてきた。
第一次世界大戦下の1915年、トルコとの緊張から起きた大虐殺事件は、およそ30万人の犠牲者を出したと言われている。
本作『アララトの聖母』は、エゴヤン監督が自らのルーツを投影させ、人々の記憶から喪失された民族の歴史を振り返る群像劇。

STORY

アルメニア出身の映画監督、エドワード・サロヤンは、新作の撮影のためにカナダへやってきた。
テーマは、20世紀初頭、アララト山の麓で起きたアルメニア人の虐殺事件。
サロヤンは、犠牲者を母に持つ画家、ゴーキーの存在に注目し、美術研究家のアニに映画の顧問を依頼する。アニの息子ラフィは、アルメニアの活動家として死んだ父の存在に悩んでいた。
サロヤンの現場で働きながら、ラフィは次第に、民族の歴史と自らのアイデンティティーを探し求めていく。

ページトップ