作品詳細情報

20世紀が最高の歌姫マリア・カラスがスクリーンによみがえる

永遠のマリア・カラス

ドラマ 2003/7/19 みゆき座ほか全国にて順次公開
邦題
永遠のマリア・カラス
監督
フランコ・ゼフィレッリ
CAST
ファニー・アルダン/ジェレミー・アイアンズ/ジェーン・プローライト
STAFF
  • 【脚本】フランコ・ゼフィレッリ
時間
108分
製作国
伊/仏/英/ルーマニア/スペイン
永遠のマリア・カラス

マリア・カラス生誕80周年を記念して製作された作品。
見どころは劇中劇として展開する「カルメン」で再現されるカラス全盛期の歌声だろう。
カラスの親しい友人でもあった監督のフランコ・ゼフィレッリが、彼女が亡くなる前の謎の数ヶ月間にスポットを当てて描いた物語なのだ。

STORY

華やかな舞台から姿を消し、パリでひっそりと隠遁暮らしを送るマリア・カラス(ファニー・アルダン)。
美声を失い、愛するオナシスを失い、失意のどん底にあったカラスを救おうとかつての仕事仲間ラリー(ジェレミー・アイアンズ)は一枚の企画書を手に彼女を訪ねる。
それは、彼女の全盛期の録音を使ったオペラ映画を製作するというものだった。最初は躊躇するものの「カルメン」を映画化することが決まると、かつての輝きを取り戻し、生き生きとする彼女だったのだが…。

ページトップ