作品詳細情報

強く美しい母と、母の愛に捕らわれた娘がたどり着いた自我。心を貫く繊細な人間ドラマ

ホワイト・オランダー

ドラマ 2003/2/15 みゆき座ほか全国東宝洋画系にてロードショー
邦題
ホワイト・オランダー
監督
ピーター・コズミンスキー
CAST
ミシェル・ファイファー/レニー・ゼルウィガー/アリソン・ローマン/ロビン・ライト・ペン/ビリー・コノリー
STAFF
  • 【原作者】ジャネット・フィッチ
時間
109分
製作国
アメリカ
ホワイト・オランダー

美貌、アーティストとしての才能、キャリア、そして愛する娘を手に入れた女性、イングリッド。
自由で何もかも思い通りの人生のなか、たった一つ、手に入れられなかったものは、娘の人生だった。
ホワイト・オランダーとは、白い夾竹桃(きょうちくとう)のこと。華麗で美しく、強い毒素を持つこの花は、イングリッドそのものを現している。
ミシェル・ファイファーの凛とした表情が、その強さとしたたかさを存分に表現して印象的だ。

STORY

15歳のアストリッド(アリソン・ローマン)は、才能豊かなアーティストの母、イングリッド(ミシェル・ファイファー)と2人暮らし。父親を知らないアストリッドには、強く美しい母は、世界のすべてだった。
ある日、イングリッドが恋人殺しの罪で逮捕され、アストリッドは里親の下へ送られた。
次第に新しい家族との暮らしに慣れていくアストリッドに、服役中のイングリッドは「自分だけを信じて」と諭す。
それは、娘が自分の世界から離れていく危険を察知した、イングリッドの独善的な愛だった。

ページトップ