作品詳細情報

楽園を求めて沖縄に来た男がそこに見たものは…

月のあかり

ドラマ 2002/6/8 テアトル池袋にてロードショー
邦題
月のあかり
監督
倉持健一
CAST
椎名へきる/笠原紳司/葛山信吾/黒田倫弘/加藤登紀子/本郷功次郎
時間
112分
製作国
日本
月のあかり

沖縄のまぶしい海と空、そして黒い夜の闇が印象的な作品が完成した。
監督は自身も沖縄が大好きだという倉持健一。“女”に映画初出演の椎名へきる、“男”に笠原紳司。“バカ”にはTVの大河ドラマでも活躍がめざましい葛山慎吾が好演。
この若手3人が作品に爽やかな風を吹き込み、“おっさん”に扮する本郷功次郎が深みを与えている。

STORY

沖縄の海辺にある居酒屋「月子」。
ここの灯りとやぎ汁に誘われて夜な夜な集まる人々。
ある日、東京から“男”がやって来る。日々の現実や、真正面から自分にぶつかってくる“女”から逃げてきたのだ。だがやぎ汁を黙々と作る“おっさん”や、おっさんを手伝っている“バカ”は沖縄を勝手に楽園だと思っている“男”を苦々しく思っている。
そして“女”も“男”を追って「月子」にやって来た。そんな時、街では何者かによって連続殺人事件が起こっていた……。

ページトップ