作品詳細情報

生誕80周年記念、世界の手塚治虫、禁断の問題作。 日本映画史上を塗り替えるクライムアクション誕生!

MW-ムウ-

アクション 2009年7月4日(土)丸の内ルーブル他にて全国ロードショー
邦題
MW-ムウ-
原題
MW-ムウ-
監督
岩本仁志
CAST
玉木宏/山田孝之/石田ゆり子/石橋凌
STAFF
  • 【脚本】大石哲也/木村春夫
  • 【原作者】手塚治虫
  • 【製作者】松橋真三
  • 【製作総指揮者】橘田寿宏
時間
0分
製作国
日本
MW-ムウ-

「鉄腕アトム」「ジャングル大帝」「どろろ」「ブラックジャック」・・・手塚治虫が遺した作品の数々は、日本にとどまらず世界のあらゆる分野に影響を及ぼし続けている。
その中で発売当時、内容の過激さや、荒唐無稽さから、“禁断の問題作”“映像化は不可能”と言われてきた「MW-ムウー」が、生誕80周年のこの年に、ついに我々の前に現れる。
日々恐ろしい凶悪事件を目の当たりにする今日だからこそ、本能に身を委ね、堕ちて行く主人公の姿を通し、逆説的に正義と生きることの尊さを問う。
これは、悪なのか?善なのか?2009年、その審判が下される。

STORY

16年前、とある島で、島民全員が大虐殺されるという事件が発生。その事実は政府によって闇に葬られたが、奇跡的に逃げ延びた2人の少年は、それぞれの宿命を背負って大人になる。
一人は頭脳明晰なエリート銀行員という仮面を被り、凶悪犯罪を重ねる悪魔、結城美智雄(玉木宏)。もう一人は、敬虔な神父となった賀来裕太郎(山田孝之)、彼は結城の犯行を阻もうとしながらも毎回翻弄され、激しく苦悩する。
そして結城はついに、16年前の事件のキーワードである「MW」にたどり着く。そしてこの「MW」を使い、全人類を道連れに世界を滅ぼそうとするのだった・・・。

ページトップ