作品詳細情報

ぞくっと笑えて、そしてなんだか心にしみる―。 友情と裏切りのハート♥ボイルドミステリー

鈍獣

コメディー 2009年5月16日 シネクイントほか全国ロードショー
邦題
鈍獣
原題
鈍獣
監督
細野ひで晃
CAST
浅野忠信/北村一輝/真木よう子/佐津川愛美/南野陽子/ユースケ・サンタマリアほか
STAFF
  • 【脚本】宮藤官九郎
  • 【原作者】宮藤官九郎
時間
0分
製作国
日本
鈍獣

エスカレートしていくトンデモない窮地に、ダメ人間6人の濃すぎるキャラが迷走、炸裂! 
「小学生かよっ」と突っ込みたくなる強烈な個性のぶつかり合い。ヒリヒリと痛オモシロイ会話。
あらぬ方向へと転がる展開─。ゾクッと楽しい“鈍獣ワールド”が、いまだかつてない映画体験へとあなたを誘う!
脚本は、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの宮藤官九郎。04年に彼が舞台劇として書き下ろした『鈍獣』は演劇界に衝撃を与え、岸田國士戯曲賞に輝いて伝説となった。これを映画化するのは、CM界出身の鬼才である細野ひで晃。
宮藤自ら、映画用に脚本を練り直し。そして旬の豪華キャストが、すごすぎる化学反応で映画を彩った! 

STORY

失踪した小説家凸やんこと凸川(浅野忠信)を捜す編集者の静(真木よう子)が降りたったのは、なぜかすべてが相撲中心の、さびれた町、ときわ。ホストの居ないホストクラブで彼女を待ち受けていたのは、地元を牛耳る江田(北村一輝)とその腰巾着の警官・岡本(ユースケ・サンタマリア)、江田の愛人・順子(南野陽子)に、ホステスのノラ(佐津川愛美)の怪しすぎる面々。
実は数カ月前、江田と岡本は元同級生の凸やんと再会していた。しかし凸やんが自分たちの痛い過去を小説のネタにしていると知り、凸やん殺害を計画・実行。ところが鈍~い凸やんは全く気づかない。
そればかりか殺しても殺しても、ゼッタイに死なないのだ!なぜだ……!?バカバカしいけど憎めないオトナコドモたちが繰り広げる、友情と裏切りのハート♥ボイルド ミステリーを、どっぷりと堪能せよ!

ページトップ