作品詳細情報

幼なじみ3人の、優しくてせつない、青春ストーリー

天国は待ってくれる

ドラマ 2007/2/10 丸の内ピカデリー2ほか全国松竹・東急系にてロードショー
邦題
天国は待ってくれる
監督
土岐善將
CAST
井ノ原快彦/岡本綾/清木場俊介/石黒賢/戸田恵梨香/蟹江敬三/いしだあゆみ
STAFF
  • 【脚本】岡田惠和
  • 【原作者】岡田惠和
時間
0分
製作国
日本
天国は待ってくれる

『いま、会いにゆきます』など、ヒット作を手がけている岡田惠和の同名の小説を本人自らが脚本を書き、映画化した。
人情が厚い街、築地を舞台にした、3人の男女の青春ストーリーだ。主人公の3人は、本人たちだけでなく、親たちも同じ小学校に通った幼なじみ。
子供時代、親が働いているため、薫の両親が経営する喫茶店でご飯を食べたり、大人になっても、何かあるたびにそこに集まったり。この映画の登場人物たちは、みんなでひとつのファミリー。
「こんな子供時代を過ごしたかった」と、思うこと間違いなし。

STORY

築地に住む宏樹、武志、薫の3人は、幼い頃からまるで兄弟のように育った。
3人は、「聖なる三角形」を描いて、一生の友情を誓った。誓いの通り3人の友情は大人になっても変わらなかった。
ある日、武志は宏樹の前で薫にプロポーズをした。薫は戸惑うが、武志と結婚する事を決める。
しかし、婚約パーティーの日、武志は交通事故に遭い、そのまま意識不明となる。
3年後、宏樹は、初めて薫に思いを告げ、結婚の約束をするが…。

ページトップ