作品詳細情報

逃れたはずの死の運命が、どこまでも追ってくる。「24」「X-ファイル」のスタッフが仕掛ける究極のサバイバル・ホラー!!

ファイナル・デッドコースター

ホラー 2006/9/9 シネマGAGA!ほか全国にてロードショー
邦題
ファイナル・デッドコースター
監督
ジェームズ・ウォン
CAST
メリー・エリザベス・ウィンステッド/ライアン・メリマン/クリス・レムシュ
時間
93分
製作国
アメリカ
ファイナル・デッドコースター

チームとして手がけた最初の作品『ファイナル・デスティネーション』で、イキナリの大ヒットを飛ばしたウォン監督と、製作・共同脚本のグレン・モーガンが、さらなる恐怖を届けるシリーズ最終章。
第1作『ファイナル・デスティネーション』では飛行機事故、デヴィッド・リチャード・ハリス監督による続編『デッドコースター』では、ハイウェイでの自動車事故から始まった死の運命との追いかけっこ。
そして本作で死のゲームがスタートしたのは、楽しいはずの遊園地。絶叫アトラクションのジェットコースターで待っていたのは、スリルではなく死だった

STORY

ハイスクールの卒業を控え、ウェンディたちはアミューズメント・パークを訪れていた。
ジェットコースターに乗った瞬間、彼女の脳裏に現れた悲惨な事故を伝える恐ろしい予知夢。
「このジェットコースターは落ちる!」パニックを起こしたウェンディは、数人の友人と共に機を降ろされるが、直後に事故は現実のものに。生き残ったのは、ジェットコースターを降りた10人のみ。しかし死は追いかけてきた。
ウェンディは事故直前に撮られた写真に、自分たちの死に方が暗示されていることに気付くのだが…。

ページトップ