作品詳細情報

30代の終わりに近づいたキャリアある独身女性が、15歳も年下の青年に恋をした…。 人生の転換期に立つ女性の心の動きを、丁寧に描いた人間ドラマ。

ルイーズに訪れた恋は…

ロマンス 2006/9/9 銀座テアトルシネマほか全国にて順次公開
邦題
ルイーズに訪れた恋は…
監督
ディラン・キッド
CAST
ローラ・リニー/トファー・グレイス/ガブリエル・バーン/マーシャ・ゲイ・ハーデン
時間
97分
製作国
アメリカ
ルイーズに訪れた恋は…

ルイーズを演じるのは、最近めきめきと出演作が増えている実力派女優、ローラ・リニー。
主人公のルイーズは、別れた夫と「友人関係」を続けることによって、一定の安心感を得ている独身女性。
しかしそれも、彼に彼女ができたことを知るまでだった。そんな彼女の心の空白に、高校時代の彼氏を思わせる青年スコットが飛び込んで来る。ルイーズの目から見れば、まだまだ考えも浅く、未熟な青年だが、逆にそれが魅力でもあるのだ。
正直言って「大人らしく落ち着いた女性のルイーズ」と「子どもっぽい青年スコット」の恋は、うまくいきそうにも見えない。

STORY

コロンビア大学の入学選考部で部長を務めるルイーズは、39歳。
同じ大学の教授であるピーターと離婚し、現在は独身生活。今は良き友人のピーターだが、彼に恋人ができたと知ると、少し心寂しくもある。
そんなある日、一通の入学願書が彼女の気を引いた。高校時代に交通事故で亡くなった初恋の彼と、同じ名前だったのだ。
その学生と面談したルイーズは、名前ばかりか雰囲気も昔の恋人にそっくりな彼に、一目で恋に落ちる。
それは年下の彼も同様だった。

ページトップ