作品詳細情報

今度の迷路(キューブ)は記憶の中

カンパニー・マン

サスペンス
邦題
カンパニー・マン
監督
ヴィンチェンゾ・ナタリ
時間
95分
製作国
アメリカ
カンパニー・マン

「CUBE」異常天才ヴィンチェンゾ・ナタリ監督が仕掛ける5700秒の記憶の迷路

STORY

退屈な毎日を送る会社員モーガン・サリンバン(ジェレミー・ノーザム)は、人生に刺激を求めハイテク企業デジコープの産業スパイとなった。初任務は他企業コンベションでの情報盗聴。ジャック・サースビーという偽造IDを与えられたモーガンは、別の人格を演じることに喜びを感じていた。さらに、任務を重ねる毎に新たな自我に目覚め、今までに無い自信さえ感じ始める。
しかし、ある時、謎に包まれた美女リタ(ルーシー・リュー)が現れ衝撃の事実を告げる。「盗聴任務はカモフラージュに過ぎない。デジコープの真の狙いは、洗脳により別人格をインプットし、決して正体を悟られることない完璧なスパイを大量生産すること。コンベンションは、その生産の場。そして洗脳に失敗した者は、殺される」と・・・
助ける求めるモーガンに、リタはデジコープのライバル社サンウェイズのスパイとなり、デジコープの情報を盗めば命は助けると約束した。しかし2重スパイを繰り返すうち、モーガンはさらなる真実に気づき始める。壮大な陰謀の存在―すべてが巨大な力に操作されていて、彼がスパイになったことさえ最初から計画の一部であるようなのだ。モーガンは、一体どこからこの陰謀に巻き込まれたのか?果たしてこの迷路に出口はあるのだろうか…。

ページトップ