作品詳細情報

過酷な戦場で生まれたこの「命」を護りたい

セイヴィア

ドラマ
邦題
セイヴィア
監督
ピーター・アントニエビッチ
時間
103分
製作国
アメリカ
セイヴィア

「プラートーン」「7月4日に生まれて」アカデミー監督賞受賞 オリヴァー・ストーン最新作

STORY

1990年代初頭、泥沼の民族戦争による戦乱に喘ぐボスニア。爆弾テロで家族を失ったアメリカ人傭兵ギイは、激しい戦闘で己の人間性も失いつつあった。そんな折、彼は捕虜交換により、敵方より引き渡された妊婦ヴェラを自宅に送り届ける命令を受ける。その途中ヴェラは産気づき女児を出産するが、家族は敵の子を宿した彼女の受容れを拒否する。ギイは、家族に見放された母子を仕方なく国境周辺の避難施設に連れて行くことにする。最初は子供に全く関心を示さなかったヴェラが、徐々に母性に目覚めるのを見たギイもまた、人間として感情を思い出し、この母子を護る決意を固めるのだった。しかし、彼等の行く先には過酷な運命が待ち構えていた。「なぜ憎しみあう!なぜ気傷つけあう!」ギイの悲痛な叫びが戦場にこだまする・・・。

ページトップ