作品詳細情報

つながったのは、人々の想い。 あれから一年後の2012年3月11日。 みんなが撮った日常をつなぎ合わせたら、一本の特別な映画ができました。

JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ]

ドキュメンタリー 11月3日(土) TOHOシネマズ六本木ヒルズ他にて全国順次ロードショー
邦題
JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ]
原題
JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ]
監督
フィリップ・マーティン、成田岳
STAFF
  • 【製作総指揮者】リドリー・スコット、トニー・スコット
  • 【エグゼグティブ・プロデューサー】亀山千広
  • 【製作・提供】フジテレビジョン
製作国
イギリス・日本
JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ]

2012年3月11日。
日本が、そして世界が自然の脅威に晒された【3.11】から1年。
「1年後の“あの日”を、あなたはどう過ごしましたか?」
映画界の巨匠リドリー・スコットが世界に投げかけたこの問いに対し、YOU TUBEを通して投稿されたのは、日本を中心とした12カ国(日本、英国、米国のほか、フランス、ドイツ、中国、南極大陸など)からの、約8000件、総計300時間にものぼる映像の数々。
一年前の出来ごとに想いを馳せる瞬間、ありきたりの日常を過ごす瞬間、プロポーズをする瞬間、出産の瞬間。これらひとつひとつの瞬間を1本の映画にした時、つながるのは私たちの想い。そこには、どんなドラマが紡ぎだされるのか。
参加者一人一人が創り出すソーシャル・ネットワーク・ムービー。2011年に公開されたリドリー・スコットとトニー・スコット兄弟の『LIFE IN ADAY 地球上のある一日の物語』に続く、日本版『LIFE IN A DAY』プロジェクトの誕生だ。

STORY

特別じゃない日なんて、1日もない。

例えば、広げた新聞のいちばん上に、
3月11日という日付を見つけて一瞬手が止まる。
これから先も、そうした瞬間を迎えるのかもしれません。
あれから1年後の2012年3月11日。人は、どんな24時間を送ったのでしょうか。
ここには、人々がその日撮影した様々なシーンが収められています。
そんなひとつひとつの映像がつながり、ストーリーになり、一本の映画になっているのを目にするとき、あなたはきっと気づくはずです。

特別じゃない日なんて、人生には1日もない、ということに。

2012年3月11日という1日が始まり、終わっていくという特別。

そして今、自分がここに、生きているという特別。

ページトップ