作品詳細情報

フランス革命勃発、宮廷朗読係の少女は 心酔するマリー・アントワネットから 世にも残酷な命令を受ける。 少女とベルサイユ運命の3日間、衝撃の行方――

マリー・アントワネットに別れをつげて

ドラマ 12月15日(土) TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマ ほか全国順次ロードショー
邦題
マリー・アントワネットに別れをつげて
原題
Farewell,My Queen
監督
ブノワ・ジャコー
CAST
レア・セドゥ、 ダイアン・クルーガー
STAFF
  • 【撮影監督】ロマン・ウィンディング
  • 【脚本】ジル・トーラン、ブノワ・ジャコー
  • 【原作者】シャンタル・トマ
時間
100分
製作国
フランス、スペイン
マリー・アントワネットに別れをつげて

200年以上経った今でも、その魅力が色褪せないフランス王妃マリー・アントワネット。
彼女の伝説は、小説や映画など様々に伝えられてきたが、ここに過去の作品群とは全く違う新たな物語が誕生した。
主演は、「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」「ミッドナイト・イン・パリ」で存在感をみせつけたレア・セドゥ。マリー・アントワネット役には、『イングロリアス・バスターズ』のダイアン・クルーガー、ポリニャック夫人役には「8人の女たち」のヴィルジニー・ルドワイヤン。そして、「イザベル・アジャーニの惑い」「トスカ」で知られるフランス映画の重鎮、ブノワ・ジャコーが監督を務める。

STORY

1789年7月14日、優雅な朝を迎えたはずのベルサイユが、1枚の紙に震える。バスティーユが陥落し、王妃とその寵愛を受けるポリニャック夫人の名前も載った286名のギロチンリストが発表されたのだ。
「ずっとおそばに。」朗読係のシドニーは心酔する王妃への忠誠を誓うが、王妃からは思いもよらぬ頼みを命ぜられる。「いいえ、あなたは私の大切な人、ポリニャック夫人の身代わりに。」身を引き裂く嫉妬、生命の危険──果たして、シドニーの運命は──?

ページトップ