作品詳細情報

クライマックス3本分!ダム、潜水艦、オペラ劇場で、セガール節が炸裂する!”沈黙”シリーズ最新作が登場!

沈黙の追撃

アクション 2006/1/28 銀座シネパトスほか全国にて順次公開
邦題
沈黙の追撃
監督
アンソニー・ヒコックス
CAST
スティーヴン・セガール/ヴィニー・ジョーンズ/ゲイリー・ダニエルズ/ウィリアム・ホープ
時間
96分
製作国
アメリカ
沈黙の追撃

アクション映画の中に、いくつかのジャンルがあるが、その中に「セガールもの」というジャンルがあってもおかしくない。
苦虫を噛み潰したような顔で、素手でいとも簡単に相手を倒してしまうセガール。
その前にはロマンスやユーモア、そして友情といった映画に欠かせないエッセンスさえも引き立て役だ。かたくなまでにセガールはセガール、「沈黙の男」なのである。
今回は、いつもの「俺、セガール」映画よりもお金がかかっていそうだ。その分、いつになくセガールの出番が少なく、登場シーンもたいてい単独対決だ。

STORY

南米ウルグアイの米国大使館で、シークレットサービスが大使を射殺し、自分たちも撃ち合って死ぬという事件が起きた。
事件の背後には、マインド・コントロールの専門家レイダー博士がいた。ダムに隠された秘密基地に米軍の特殊部隊が送り込まれたが、待ち伏せを受けて壊滅。
打つ手がなくなった軍は、問題を起して収監されている元海軍のエリート、コーディーを呼び出すことにする。
コーディーこそが、あの”沈黙の男”だった。

ページトップ