映画上映会

永作博美主演最新作。 母が遺したレシピに導かれ、母の人生を旅する、 49日間の感動の物語。

四十九日のレシピ

ドラマ 2013年 11月9日(土)新宿バルト9、有楽町スバル座ほか 全国ロードショー
邦題
四十九日のレシピ
原題
四十九日のレシピ
監督
タナダユキ
CAST
永作博美/石橋蓮司/岡田将生/二階堂ふみ/原田泰造/淡路恵子
STAFF
  • 【撮影監督】近藤龍人
  • 【脚本】黒沢久子
  • 【原作者】伊吹有喜(ポプラ社刊)
時間
129分
製作国
日本
四十九日のレシピ

モントリオール世界映画祭正式出品作品。
亡くなった母の「幸せに生きるためのレシピ」を通じて、残された家族が心の傷を抱えながらも自身の人生について考え、再生に向かっていく姿を温かく描く感動作。主演は、2011年日本アカデミー賞最優秀助演女優賞など映画各賞を総ナメにした『八日目の蝉』以降初の映画主演となる永作博美。その他キャストに石橋蓮司、岡田将生、二階堂ふみ、原田泰造など旬で豪華なキャストが集結。伊吹有喜のロングセラー小説を、気鋭監督タナダユキが映画化。母が家族に遺した大きな愛が、観る者をも抱きしめる感動作が誕生した――

STORY

熱田家の母・乙美が突然死んだ。娘の百合子は父・良平が心配だからと実家に戻ってくるが、本当は自らの夫との間に問題を抱え、憔悴しきっての帰郷だった。そんな折、百合子と良平の元に派手な服装の不思議女子イモと、日系ブラジル人の青年ハルが現れる。生前の乙美に頼まれ、残された家族の面倒を見にきたのだと言うイモは、乙美がとある「レシピ」を書き残していること、そして四十九日には法要ではなく大宴会をするのが乙美の希望だったということを2人に伝える。
こうして、”四十九日の大宴会“を迎えるまでの、おかしな4人での共同生活が始まるが――。

ページトップ