作品詳細情報

やっと会える。本当のあなたに―。 <伝説>には秘められた1ページが残っていた― 36歳で急逝した元英国皇太子妃が最期まで追い求めていたものとは? 世界が知らない<真実のダイアナ>を描く感動の物語。

ダイアナ

ドラマ 2013年10月18日(金) TOHOシネマズ 有楽座他全国ロードショー
邦題
ダイアナ
原題
DIANA
監督
オリヴァー・ヒルシュビーゲル
CAST
ナオミ・ワッツ/ナヴィーン・アンドリュース
STAFF
  • 【撮影監督】ライナー・クラウスマン
  • 【脚本】スティーヴン・ジェフリーズ
  • 【製作者】ロバート・バーンスタイン/ダグラス・レイ
  • 【製作総指揮者】マーク・ウーリー、ティム・ハスラム、ザヴィエル・マーチャンド
  • 【ヘアーメイクデザイナー】ノリコ・ワタナベ
  • 【衣装】ジュリアン・デイ
時間
113分
製作国
イギリス
ダイアナ

 これが、彼女が世界にくれた〈愛〉──。

今なお人々の心に生き続ける元英国皇太子妃、ダイアナ。
ロイヤルベイビー誕生で沸くイギリスから吹く新しい風にのって、ダイアナの感動の物語が遂に日本に届く!

 王室を離れたダイアナは、真剣に世界を変えようとし、ひとりの女性として純粋すぎる愛を求めていた。今、知られざる彼女の真実に、驚き、共感し、涙を流さずにはいられない──
 
 1997年8月、交通事故でドラマチックな人生を閉じた、元英国皇太子妃ダイアナ。20歳のロイヤルウェディング、ふたりの王子の出産を経て、幸せの絶頂を迎えるはずが、夫の不倫、王室との確執、マスコミとの攻防に傷つき疲れ果て、離婚。シンデレラストーリーは終わりを告げた。絶望を抱えた日々―そんな時出逢ったのが人の命を救うことに全てを捧げる心臓外科医のハスナット・カーンだった。彼に支えられ初めて自分の人生を歩み始めるのだが……。

 ダイアナには、2度のアカデミー賞®ノミネートを誇る実力派ナオミ・ワッツ。監督は史上最も有名な“悪”の“人間性”を掘り起こして絶賛された『ヒトラー ~最期の12日間~』のオリヴァー・ヒルシュビーゲル。
 ショパールやトッズ、ヴェルサーチなどダイアナのお気に入りのトップブランドが全面協力、王室が撮影を許可したケンジントン宮殿の貴重な映像も見逃せない。
 ひとりの人間として、自立していくダイアナの姿を描く感動作。ここには、誰も知らないダイアナがいる。私たちが会いたかった〈本当のダイアナ〉が――。

STORY

1995年、夫と別居して3年、ダイアナ(ナオミ・ワッツ)は、ふたりの王子とも離れ、寂しい暮らしを送っていた。そんなある日、心臓外科医のハスナット・カーンと出逢い、心から尊敬できる男性にやっと巡り逢えたと確信する。 BBCのインタビュー番組に出演して別居の真相を告白、“人々の心の王妃”になりたいと語って身内から非難された時も、ハスナットだけは「これで、君は自由だ」と励ましてくれた。
 それから1年、離婚したダイアナは、地雷廃絶運動などの人道支援活動で、世界中を飛び回る。自分の弱さを知るからこそ弱者の心を理解できるダイアナは 人々を癒し、政治をも動かす力を持ち始めていた。
 一方、永遠の誓いを交わしたハスナットとの愛は、ゴシップ紙に書きたてられ、彼の一族からも反対される。ダイアナはドディ・アルファイドとの新しい関係に踏み出すのだが・・・ しかし、その瞬間は刻一刻と近づいていた。最期まで彼女が求めていたものとは──?

ページトップ