作品詳細情報

世界が絶賛!スピルバーグが泣いた! チャン・イーモウ監督×コン・リー主演 新たなる最高傑作の誕生。

妻への家路

ドラマ 3月6日(金)TOHOシネマズ シャンテほか 全国順次ロードショー
邦題
妻への家路
原題
COMING HOME
監督
チャン・イーモウ
CAST
コン・リー / チェン・ダオミン / チャン・ホエウェン
STAFF
  • 【撮影監督】チャオ・シャオティン
  • 【脚本】ヅォウ・ジンジー
  • 【原作者】ゲリン・ヤン
  • 【製作者】チャン・チャオ
  • 【製作総指揮者】デヴィッド・リンド / パン・リーウェイ/ シャン・ドンビン / フアン・ズィエン / ギリアン・ジャオ / シャン・バオチュエン / カレン・フ―
時間
110分
製作国
中国
妻への家路

私の記憶をなくした妻は、今日も隣で私を待ち続ける―。
この世で最も切なく愛し合う、夫婦の物語。

STORY

1977年、文化大革命が終結。20年ぶりに解放された陸焉識(ルー・イエンシー)は妻の馮婉玉(フォン・ワンイー)と再会するが、待ちすぎた妻は心労のあまり、夫の記憶だけを失っていた。焉識は他人として向かいの家に住み、娘の丹丹(タンタン)の助けを借りながら、妻に思い出してもらおうと奮闘する。
収容所で書き溜めた何百通もの妻への手紙をくる日も彼女に読み聞かせ、帰らぬ夫を駅に迎えにいく彼女に寄りそう。夫の隣で、ひたすら夫の帰りを待ち続ける婉玉。果たして、彼女の記憶が戻る日は来るのか──?
夫に扮するのは、イーモウが「中国最高の俳優」と誇る『HERO』のチェン・ダオミン。誰よりも互いを求めているのに、決して心を通い合わせることのできない二人が、やがて見つけたものとは──この世で最も切なく最も高貴な“愛”の物語。

ページトップ