作品詳細情報

『ピカンチ』シリーズ、待望の最新作! 等身大でずっと演じてきた彼らが本作で演じるのは、 30代に突入し、家族や仕事の悩みにぶち当たる、ちょっと切ない大人の青春ムービー。

ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶん HAPPY

ドラマ ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶん HAPPY
邦題
ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶん HAPPY
原題
ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶん HAPPY
監督
木村ひさし
CAST
相場雅紀/松本潤/二宮和也/大野智/櫻井翔
STAFF
  • 【脚本】河原雅彦
  • 【原作者】井ノ原快彦
時間
113分
製作国
日本
ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶん HAPPY

2002年に公開した『ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけどHAPPY』、そしてその続編として2004年に公開した『ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だからHAPPY』。嵐デビュー15周年の2014年、シリーズ3作目となる『ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARDたぶんHAPPY』が公開。『ピカ☆★☆ンチ』は、当初夏休み期間中にTOKYO DOME CITY HALLのみで上映するイベント映画の予定でしたが、チケットが即完売したことや、他の地域でも見たいという多くのファンの要望を受け、全国5か所(札幌・東京・名古屋・大阪・福岡)にて拡大上映となり、約36万人を動員(予定)。10代の高校生の青春を描いた1作目 、20代になり社会人として壁にぶつかった2作目・・・と、等身大の嵐が演じてきた「ピカンチ」シリーズ。本作は30代に突入し、家族や仕事の悩みにぶち当たる、ちょっと切ない大人の青春ムービーです。

STORY

品川区のマンモス団地・八塩団地。ここで青春時代を過ごした5人は大人になり、いつの間にかバラバラに。だが、ある出来事をきっかけに8年ぶりに再会することになった。彼らの手には、8年前、それぞれの道を行く4人に、ハル(大野 智)が「これから辛い事、楽しい事があったら、このノートに書いて」と手渡したノート。この8年間つけてきたノートをもとに、お互いの8年を話し始める5人には、30代に突入し、あの頃にはなかった悩みが発生していた。それぞれの悩み、そして8年ぶりに彼らが集まった理由とは・・・

ページトップ