作品詳細情報

パリのトルコ人街で起きた連続殺人事件。その残忍な手口を追う刑事たち。 そして記憶喪失の女性の正体は?ジャン・レノ主演の刑事サスペンス

エンパイア・オブ・ザ・ウルフ

サスペンス 2005/12/10 渋谷東急ほか全国松竹・東急系にてロードショー
邦題
エンパイア・オブ・ザ・ウルフ
監督
クリス・ナオン
CAST
ジャン・レノ/アーリー・ジョヴァー/ジョスラン・キヴラン
STAFF
  • 【脚本】クリス・ナオン
時間
128分
製作国
フランス
エンパイア・オブ・ザ・ウルフ

『クリムゾン・リバー』の原作者によるベストセラーを、クリス・ナオン監督が映画化。
拷問が加えられて残酷に殺された死体が発見され、新旧2人の刑事が謎を追ううち、1人の女性がそれに関わっていることに気づく…。
今回ジャン・レノの役どころは、最後まで善玉か悪玉かわからない、謎めいた刑事だ。なので実質的な物語の進行は、正義感を燃えるイケメン刑事と、記憶を取り戻そうとする女性を中心に語られる。

STORY

パリのトルコ人街で猟奇殺人の3人目の犠牲者が発見された。
被害者はいずれも不法滞在のトルコ移民の若い女性で、顔が切り刻まれていた。手がかりがない中、刑事ポールは汚職や殺人の疑いがある刑事シフェールの助けを借りることになる。
シフェールはトルコ人街の裏社会に通じ、やがて事件は「灰色の狼」に結びつく。
一方、高級官僚の妻アンナは、自分の記憶障害に悩んでいた。アンナと事件が結びつく時、すべての謎が解明される。

ページトップ