近日公開

【復讐して、何が悪い。】 アクション映画界に“絶対に怒らせてはいけない男”がまた一人。

リベンジ・リスト

アクション 6月17日(土)シネマート新宿他全国順次公開
邦題
リベンジ・リスト
原題
I AM WRATH(原題)
監督
チャック・ラッセル
CAST
ジョン・トラボルタ/クリストファー・メローニ/アマンダ・シュル/サム・トラメル/パトリック・セント・エスプリト/レベッカ・デモーネイ
STAFF
  • 【撮影監督】アンジェイ・セクラ
  • 【脚本】ポール・スローン
時間
91分
製作国
アメリカ
リベンジ・リスト

『フェイス/オフ』から20年―ジョン・トラボルタ、本格アクション完全回帰。
圧倒的な戦闘力で悪党を駆逐していく主人公スタンリー・ヒルを演じるのは、名優ジョン・トラボルタ。『フェイス/オフ』(97)で見せた往年の肉体派アクションへの回帰を図り、最強の中年男を熱演している。監督は、全世界で大ヒットを記録した『イレイザー』『スコーピオン・キング』のチャック・ラッセル。アメリカ社会に巣食う闇をリアルに描きながら、作品を壮絶なアクション・エンタテインメントへ昇華させている。映画史上、最も激しい“怒り”に突き動かされた復讐劇が今、幕を開ける。

STORY

悪党よ、お前の罪は、お前の死でしか償えない。
目の前で強盗に妻を殺害された失業中の中年男。容疑者は捕まるが、裏社会と繋がっている悪徳警官によって釈放され、事件は闇に葬られる。理不尽な社会と、妻を守れなかった己の無力さへの怒りが、捨てたはずの過去を呼び覚ます。善良な市民として暮らす男は、かつて、数々の殺しを請け負ってきた特殊部隊の元工作員。封印していた殺人術を総動員し、復讐に手を染めていく。やがて、妻の死に隠された巨大な陰謀を知ったとき、男の怒りは臨界点を突破する―。

ページトップ