作品詳細情報

人生は、数奇なほどに面白い!エミール・クストリッツァ監督が贈る人生賛歌

ライフ・イズ・ミラクル

ドラマ 2005/7/16 シネスイッチ銀座ほか全国にて順次公開
邦題
ライフ・イズ・ミラクル
監督
エミール・クストリッツァ
CAST
スラブコ・スティマチ/ナターシャ・ソラック/ヴク・コスティッチ/ヴェスナ・トリヴァリッチ/アレクサンダル・ベルチェク
時間
154分
製作国
フランス/セルビア/モンテネグロ
ライフ・イズ・ミラクル

『アンダーグラウンド』でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞し、『黒猫・白猫』でヴェネチア国際映画祭最優秀監督賞を受賞した、エミール・クストリッツァ監督。
これまでも民族意識の高い作品で世界を圧倒してきた彼が、新しく紡ぎだしたのは、祖国、旧ユーゴスラビアの激変期を舞台にした、家族と恋人たちのドラマ。
捕虜と恋に落ちてしまったセルビア人男性に起きた実話を基に、絶望の中に見出す希望の物語を描いていく。

STORY

1992年、国境近くのボスニアの村で暮らすルカは、鉄道建設のために働くセルビア人技師。
ある日、息子のミロシュが兵役へ行くことになり、妻は、ミロシュの壮行会で出会ったミュージシャンと駆け落ちしてしまう。
10年ぶりに一人暮らしを楽しむルカに、やがて、ミロシュが敵の捕虜になった知らせが届く。
気が気でないルカに、村の悪戯者トモが、ムスリム人看護婦サハーバを連れてきて、ミロシュとの人質交換に使うよう仕向けるが…。

ページトップ