GAGA 映画『パフューム~ある人殺しの物語』おもしろCMプロモーション実施

2007.02.19

株式会社ギャガ・コミュニケーションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宇野康秀、以下GAGA)は、株式会社ワーナー・マイカル(東京都千代田区、代表取締役社長:ミラード・L.・オゥクス、以下ワーナー・マイカル)の協力のもと、3月3日公開『パフューム~ある人殺しの物語~』の宣伝プロモーションの一環として、おもしろオリジナルCMを展開いたします。

本CMでは、『パフューム~ある人殺しの物語』主演のベン・ウィショーやダスティン・ホフマンなどが実際の映画本編で繰り広げる会話の口の動きに合わせて、全国のワーナー・マイカル・シネマズで販売している、はちみつ黒酢ソーダとフランボワーズ〔ラズベリー〕ソーダ(各350円)という2つのフレーバーソーダをめぐり、映画本編とはまるで対照的でコミカルな会話が繰り広げられます。このおもしろオリジナルCMは『パフューム~ある人殺しの物語~』の公開に先駆け、2月17日から本作品上映予定の全国ワーナー・マイカル・シネマズ47劇場(高岡・弘前・茅ヶ崎除く)内売店のプラズマディスプレイや一部劇場内スクリーン(幕間)で上映される他、ワーナー・マイカルのホームページ上でも上映されます。本CMの上映により、公開前より本作品への作品の認知度向上且つ興味喚起を狙います。

GAGAでは今後も様々な新しい宣伝手法を用いて、作品のプロモーションを展開していく所存でございます。

■ 『パフューム~ある人殺しの物語~』おもしろCMイメージ

c070219-1.jpg c070219-2.jpg c070219-3.jpg

「フレーバードリンクの作り方篇」       「会議篇」                           「バカップル篇」
© 2005 Constantin Film GmbH

■ 『パフューム~ある人殺しの物語~』おもしろCM上映場所

  


劇場ロビー

幕間

Web

「大歓声篇」



「フレーバードリンクが欲しい篇」



「バカップル篇」



「フレーバードリンクの作り方篇」



「無責任な男篇」


「こんなあだ名はイヤ!篇」


「キレる男篇」



「会議篇」



※関東10劇場限定で、予告映画上映前のスクリーンで上映します

■ 作品情報
『パフューム~ある人殺しの物語~』
公開:         2007年3月3日サロンパス ルーブル丸の内ほか全国松竹・東急系にてロードショー
監督:         トム・ティクヴァ
出演:         ベン・ウィショー/ダスティン・ホフマン/アラン・リックマン/レイチェル・ハード=ウッド
配給:         ギャガ・コミュニケーションズPowered by ヒューマックスシネマ
公式HP:        http://perfume.gyao.jp/

■ 会社概要
【株式会社ワーナー・マイカル】
所在地:        東京都千代田区三番町 3-8
設立:          1991年10月8日
資本金:        10億円
代表者:        代表取締役社長 Millard L.Ochs/ミラード・L.・オゥクス
事業内容:       マルチプレックス方式による映画、演劇、音楽
             その他各種イベントの興行映画館に付属する各種遊戯施設、飲食店、売店などの営業等。
URL           http://www.warnermycal.com/

■ 本リリースに関するお問合せ
【株式会社ギャガ・コミュニケーションズ】
人事総務部 広報グループ    服部竜大
03-3509-7492(TEL)
03-3509-7509(FAX)

ページトップ