GAGA映画「アース」、1月14日はグリーン電力上映  ~1月14日のTOHOシネマズ エコプログラムの一環として~

2008.01.08

株式会社 ギャガ・コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:宇野 康秀、以下GAGA)は、TOHOシネマズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:村上主税、以下、TOHOシネマズ)、株式会社自然エネルギー・コム(本社:東京都中野区、代表取締役:山口勝洋、以下自然エネルギー・コム)と3社で協働し、1月12日公開の映画『アース』の上映期間のうち、1月14日分の『アース』上映回に関して、電力使用量に相当するグリーン電力証書を自然エネルギー・コムから購入することで、グリーン電力で上映することを決定いたしました。

TOHOシネマズは当取組みで5.4万kWh相当のグリーン電力を自然エネルギー・コムを通じて購入することで、約25tのCO2削減につながります※1。これは、杉の木1,778本が一年間に吸収できるCO2の量に相当します※2。また、環境省主導の「チームマイナス6%」での個人の目標、1人・1日・1kgのCO2削減で考えると25,000人分を達成していることになります。

同試みは、2008年1月12日(土)公開予定の映画『アース』を、TOHOシネマズの10周年記念企画の1つである毎月14日の"TOHOシネマズデイ"、"TOHOシネマズECOプログラム"の一環として計画したものです。
当企画は、劇場を運営するTOHOシネマズと映画の提供元であるGAGAが協同で開発。グリーン電力証書の発行を行う自然エネルギー・コムが当企画に賛同することで実現しました。
※ 1:CO2削減量の算出には、グリーン電力の発電所が所在する東北電力と中部電力の平成18年度の排出係数を使用。
※ 2:50年生の杉人工林の場合。

映画『アース』、1月14日はグリーン電力上映"アゲイン"開催実施概要~1月14日のTOHOシネマズ エコプログラムの一環として~

内容:    1月12日公開の『アース』を"TOHOシネマズECOプログラム"の一環としてグリーン電力上映する
        ※グリーン電力:グリーン電力とは、環境にやさしい自然エネルギー(太陽光、風力など)から発電された電力です。
        グリーン電力証書を購入することでグリーン電力を使用しているとみなされます。
開催日:   2008年1月14日(月・祝日)限定
実施映画館:TOHOシネマズ六本木ヒルズ(東京都港区)他 35館
※実施劇場の詳細はTOHOシネマズ(担当)までお問い合わせ下さい

c080108.jpg

● 映画『アース』について
主演、46億歳 地球―。
2008年、奇跡の星のかつてない生命(いのち)の旅へ。

あの記録的大ヒット海洋ドキュメンタリー『ディープ・ブルー』、誰も観たことのない地球の素顔を、極上の映像で描いた「プラネットアース」のスタッフが結集。
神秘と美しさに溢れるこの星の、まだ目にしたことのないダイナミックな光景、想像を超える奇跡的な瞬間、生き物たちの未体験のスペクタクルに出会う、ドキュメンタリー史上最大の映像プロジェクト。
制作5年、撮影日数のべ4500日、撮影全世界200箇所以上、世界に数台とない防振装置、1秒間に2千コマ以上もの撮影が可能な超ハイスピードカメラなど最新の撮影技術で捉え、最高のハイビジョンで放つ映像は圧巻!
また、本作(吹替版)の<コンダクター>としてナレーションを担当するのは、ハリウッドスターとして活躍中の渡辺謙。
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のフルオーケストラにのせて出会う究極の命のドラマは、我々に計り知れない驚きと感動を約束する。  

©BBC Worldwide 2007
監督:アラステア・フォザーギル『ディープ・ブルー』/マーク・リンフィールド「プラネットアース」
音楽:ジョージ・フェントン×ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
提供:ギャガ・コミュニケーションズ×電通×関西テレビ
配給:ギャガ・コミュニケーションズ Powered by ヒューマックスシネマ
声の出演(吹替版):コンダクター(ナレーション)渡辺謙
08年1/12(土) 日比谷スカラ座ほか全国東宝洋画系にてロードショー

◆ 美しい地球を 次世代に。
<こども500円 キャンペーン>
小人料金(子供料金)の対象者に限り「500円」でご鑑賞いただけます。

  <注意事項>
※保護者同伴にてご鑑賞される場合に限ります。
※他優待券・割引券制度との併用不可。
※一部劇場を除く。

● TOHOシネマズの今後の取組み
本年度は1月14日「TOHOシネマズデイのグリーン電力上映"アゲイン"」の取組み以外にも、2月21日、22日に開催される経済産業省資源エネルギー庁のイベント、グリーン・パワー・キャンペーンに連動し、TOHOシネマズの経営する日比谷地区+有楽町地区の映画館、及びTOHOシネマズ六本木ヒルズの上映をグリーン電力上映にすることを決定いたしました。また、そのほかにもグリーン・パワー・キャンペーンを後援する形で様々な活動を実施していくことを予定しております。

補足:グリーン電力について
「グリーン電力証書」・・・・グリーン電力の環境付加価値(化石燃料削減、CO2排出量削減)を切り離して証書化し、取引できるようにしたもの。発行するためには、第三者機関であるグリーン電力認証機構からの認証を受ける必要がある。需要家が一定のプレミアムを払って証書を購入することで、グリーン電力を利用したとみなされ、広く社会に向けて公表できる。なお、証書の購入費用はグリーン電力の発電所に渡り、グリーン電力の発電に役立てられる。

《当件に関する報道関係のお問い合わせ先》

■映画『アース』について
ギャガ・コミュニケーションズ (配給)
広報グループ:市川
℡:03-6823-7492
宣伝部:時村、新田佳子、夏目、新田晶子
℡:03-6823-7505

■当キャンペーンについて・TOHOシネマズについて・実施劇場について
TOHOシネマズ株式会社 番組編成部 マーケティング室 
PR/イベント担当  篠田亜美
℡:03-3549-3378

■グリーン電力について
株式会社自然エネルギー・コム
グリーン電力担当  中尾敏夫
℡:03-5318-3334

◆実施劇場、日程など一般の方が当キャンペーンをお知りになりたい時は◆
TOHOシネマズ株式会社 オフィシャルサイト http://www.tohotheater.jp/

ページトップ