女の肌が、彷徨える男の魂を呼び覚ます…イギリスのカルト・ノワール小説を映画化

猟人日記

サスペンス 2014年12月2日発売
価格
¥1,143(¥1,234/税込)
発売元
ギャガ
販売元
ギャガ
購入先
購入先
特典
【映像特典】
・メイキング
・オリジナル予告編
仕様
  • 【記録層】1層
  • 【色】カラー
  • 【音声】①英語(ドルビーデジタル 5.1chサラウンド)
  • 【字幕】①日本語字幕
  • 【サイズ】16:9LB(スコープサイズ)
品番
GADSX-1036
JANコード
4589921400367
邦題
猟人日記
監督
デヴィッド・マッケンジー
CAST
ユアン・マクレガー/ティルダ・スウィントン/ピーター・ミュラン/エミリー・モーティマー
時間
98分
製作国
イギリス
公開
2005年2月26日
猟人日記

スコットランド出身のビートニク作家、アレグザンダー・トロッキ原作「ヤング・アダム」が、映画となった。
川に上がった女の死体をきっかけに、不倫、セックス、殺人、冤罪というスキャンダラスな展開が、冷え冷えとした灰色の画面のなかに静かに流れていく。
主人公のジョーは、船を進め、本を読み、女と交わるが愛することはしない。

STORY

1950年代のグラスゴー。
運河の貨物船で働くジョー(ユアン・マクレガー)は、ある朝、川に浮かぶ女の死体を発見する。その日を境にジョーは、船の持ち主であるレズリーの妻、エラに対し、欲望を募らせていく。
レズリーがパブへ出かけた隙に、2人は肉体関係を持つ。ジョーは、水死体があがる前夜、元恋人のキャシーと偶然再会していた。些細な言い争いから川へ落ちたキャシーは、沈んだきり浮かびあがってこなかった。
やがて警察は、キャシーの愛人だった配管工を、殺人の容疑で逮捕する。

ページトップ