彼の敵は世界

ヒトラー ~最期の12日間~

ドラマ 2015年7月2日発売
価格
¥1,143(¥1,234/税込)
発売元
ギャガ
販売元
ギャガ
購入先
購入先
特典
・オリジナル予告編
・日本語版劇場予告編
・TVスポット
仕様
  • 【記録層】2層
  • 【色】カラー
  • 【音声】①ドイツ語(ドルビーデジタル 5.1chサラウンド)②ドイツ語(dts 5.1chサラウンド) ③日本語吹替(ドルビーデジタル 5.1chサラウンド)
  • 【字幕】①日本語字幕 ②吹替用字幕
  • 【サイズ】16:9LB(ビスタサイズ)
品番
GADSX-1107
JANコード
4589921401074
邦題
ヒトラー ~最期の12日間~
監督
オリヴァー・ヒルシュビーゲル
CAST
ブルーノ・ガンツ/アレクサンドラ・マリア・ララ/コリンナ・ハルフォーフ
STAFF
  • 【脚本】ベルント・アイヒンガー
  • 【製作者】ベルント・アイヒンガー
時間
155分
製作国
ドイツ
公開
2005年7月9日
備考
※商品デザイン・仕様等は予告なく変更になる場合がございます。
ヒトラー ~最期の12日間~

史上最も有名な独裁者アドルフ・ヒトラー。
過去、チャップリンの『独裁者』や先鋭的な野心作が、この希代の悪漢をパロディや政治的考察の下に描いてきたが、その人間性を正面から描くことは絶対のタブーだった。
そのタブーを当事国のドイツが自ら破ったのが今作だ。
内容は、歴史家ヨアヒム・フェストの「ダウンフォール」と、ヒトラーの秘書トラウドゥル・ユンゲの回想録「最期の時間まで」に基づいているが、ヒトラーを人間として描くというだけで拒否反応を示す人々がいるのも当然だろう。

STORY

1945年4月20日。ソ連軍の砲火が押し寄せるベルリン。ヒトラーとその側近たちは、総統官邸の地下要塞に避難していた。
もはや敗戦を疑う者はいなかったが、正常な判断力を失ったヒトラーは、わずかに残った軍勢に戦況の挽回を命じ、惨状をさらに悪化させてゆく。
狂気の独裁者を前に、選択を迫られる側近たち。最期まで運命をともにしようとする者、袂を分かって逃亡を謀る者、酒と享楽に溺れて現実逃避する者。そんな一部始終を間近で目撃していた総統付き秘書のユンゲは、ある日、ヒトラーから遺書の口述筆記を依頼される―。

ページトップ